【病児保育】インフルエンザで利用する人へ

全部

こんにちは!

病児保育室で働く保育士もちこです!

10月1日よりインフルエンザの予防接種が

受けれるようになり、

私の働くクリニックでも

連日多くの子どもや保護者の方が

受けていかれます。

そしてこの時期から

少しずつ出てくるインフルエンザ…

去年は9月頃から流行が始まって

本当にびっくりでした!

 

今年はマスクや消毒など

感染予防を徹底しているせいか

第一号もまだ現れませんね…

しかし、流行が始まると

あっという間に広まります。

 

ちなみにみなさん知っていますか?

インフルエンザの登園のめあす

【乳幼児】

発症した後5日経過かつ、

解熱した後3日経過していること

【小学生】

発症した後5日経過かつ、

解熱した後2日経過していること

最低でも保護者の方は5日間

お仕事を休まなけれがならない…

 

解熱している3日間ないし2日間なんて

子どもはめちゃめちゃ元気なのに

登園できない。

お互いしんどいですよね。

 

10日間くらい登園できない子も結構います。

なので、インフルエンザでの

利用が、10月〜3月頃

はとっても増えます!

 

むしろ、

インフルエンザの時しか利用しない

なんていう子もいるくらい… 

これから初めて利用します!

なんていう方も今後増えて来るかと

思いますので、

預かる際に保育士が

  • 保護者に確認するであろうこと
  • 家庭で気をつけてほしいこと

を今回は記事にしていこうかと思います。

インフルエンザについて

  • 症状・特徴

突然の高熱が出現し、3〜4日続く。

倦怠感、食欲不信、関節痛、筋肉痛などの全身症状

咽頭痛、鼻汁、咳などの機動症状を伴う。

通常1週間程度で回復するが、

気管支炎、肺炎、熱性痙攣、急性脳症などの

合併症が起こる可能性がある。

  • 潜伏期間

1〜4日

  • 感染経路

主な感染経路は飛沫感染

接触感染することもある。

  • 流行時期

毎年冬

 

予防接種は受けていましたか?

勘違いして欲しくないのが

受けないといけない。

ということではありません!

なんで毎年予防接種を受けるの?

インフルエンザウイルスは小さな変異を

繰り返すため、以前に罹患すれば絶対罹らない

というわけでもない。

しかし、

  • インフルエンザの発病を予防したり
  • 重症化を予防すること

に対して、

一定の効果があるとされています。

  • 未摂取
  • 1回摂取
  • 2回摂取

予防接種を受けているかどうかが分かれば

保育中の様子を診る際の参考にもなります。

以前にも罹患したことはありますか?

  • 同シーズン2回目(A型orB型)
  • 昨シーズン
  • ○年前…など

罹患したことがあれば

その時の様子を聞けます。

熱がすごく上がった。

とにかくかったるそうだった

吐気がよくあった…

など、今回保育をする上でも参考になります。

変わった様子などはありますか?

  • いつもよりテンションが高い
  • 寝言がいつもより多い
  • いきなり大きな声を出す…など

何が原因でこうなるのか

わかっていません。

全員にこういった症状が出るわけでもないです。

ただ

何となーく、

いつもと少し違う気がする。

なんていうことがあれば、

教えていただきたいです。

 

家庭でも注意して

診ていてほしいです。

 

今まで私がみた少し変わった行動

  • いつもよりハイテンション

午睡中それ場で寝ていたのに

  • いきなり立ち上がりくるくる回る。
  • 布団をめくりひたすら何かを探す

薬はしっかり飲めていますか?

  • 吸引タイプ
  • 粉薬タイプ

抗インフルエンザ薬だと、

タミフルが有名ですが、

独特な苦味があるみたいで

なかなか飲みにくいと

保護者や子どもたちから聞きます。

 

飲めません。という子には、

飲みやすいような工夫もあるので

色々保護者の方に伝えさせてもらっています。

どうしても飲めせられない場合は

羽交い締めですが可哀想なので

できるだけ普通に飲めるように

してあげたいという気持ちはあります。

お弁当・おやつ・水分

熱が下がり調子だったのに、

いきなり夕方また熱が

上がることもあります。

倦怠感も日によって変わって来ることもあります。

なので

飲み物・食べ物は色々持ってきてください。

体調によって、

食べれるものが変わってきます!

急性期(初日〜解熱するまで)

  • 消化のいい昼食
  • 甘いもの
  • 喉越しのいいもの(プリン・ゼリーなど)
  • 携行飲料水
  • スポーツドリンク

ちょこちょこ色々持ってきてもらうと

子どもの体調に合わせて、

食べることができます。

万能バナナ

消化にいい

腹持いい

持ち運びしやすい

栄養価も高い(ご飯の代わりになる)

とりあえず、バナナ一房あれば

こちらとしてはとっても安心!

こういう時にもバナナは万能。(笑)

回復期

  • いつものお弁当
  • いつも食べているおやつ

解熱できている時は

いつものお弁当でいいかと思います。

 一応ゼリーだったり、バナナだったり

あれば食欲がなくなった時も

食べる気になるかもしれません。

まとめ

  • 予防接種をしたからといって、感染しないわけではない
  • 変わった様子はないか家での様子を観察する
  • もらった薬は必ず飲み切る
  • 食べ物は色々持ってくる

本当にざっくりですが、

今後病児保育を利用する際の

参考にしていただければと思います!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました