病児保育室の一日

全部

こんにちは!

病児保育室で働く保育士です!

 

今回は…

私の働く保育室での一日を紹介していきます!

 

子どもの体調や月齢によって

かわってくるのであくまでもベースです。

 

病児保育室の一日

8:30~9:30 受け入れ

朝の診察を終えたお子さんを受け入れしていく

毎日利用するわけではないので、確認事項がたくさんあるのでとっても大事!

  • アレルギー有無
  • 熱性けいれんお有無(ダイアップ使用有無)
  • 発疹や痛み、患部の確認(保育中に異変があったときに気づけるように)
  • 乳児さんはミルクの回数や時間

とにかく少しでも気になることは確認しておく。

11:00 検温

30分に1回は水分補給を心がけ、

室内遊びをする。

(もちろん嘔吐があるこや、

飲みたがらない子は様子をみながら)

急に熱が上がってしまった子はドクターに報告し、

必要に応じて診察してもらう。

11:30 昼食・与薬

昼食は各自もってきてもらうので、配膳などは特になし!

食べる勢いや顔色で

「ゆっくり食べよう~」とか

「食べれるだけでいいからね!」と声をかけたり…

 

その後は、与薬!これが大変。(笑´∀`)

試行錯誤であげてます。

 

保護者の方に事前に家での

お薬の飲み方を確認した上で

(お水、ヨーグルト、ゼリーなど…)

スプーンに1さじ~2さじ

1口で飲みきれるようにしています。

 

中には絶対口あけてらん!

って言うこもいるので、

羽交い締めでスポイトで上げることもある!

 

12:30 午睡

0~9歳まで、小学生の子もいますが

お昼寝の時間を設けて身体を休めます。

少し横になってまったりする感じです。

 

ですが、かったるいのか意外とみんな

寝てしまいます(-_-)゜zzz…

 

15:00~ 起床・検温・おやつ

起きた子から水分をとって、検温しておやつを食べる。

夜寝れていない子、熱が高い子もいるので

自然に目が覚めるまで寝かせてあげます。

 

17:30 お迎え・診察

今日の様子、機嫌、熱、食欲、処置を伝える。

帰りお診察を保護者の方と一緒にうけて一日終了

 

なにして遊ぶ?【室内遊び】

急性期の子達は横になっていることが多く

ほとんど遊びませんが、

回復期の子ども達は、一日慣れない保育室で

過ごさないといけないので

とにかく一緒に遊ぶようにしています。

内気で表現が苦手な子でも

少しでも楽しめるようなものを

用意するようにしています。

0歳~6歳

  • パズル(月齢ごと種類豊富)
  • 折り紙
  • お絵かき
  • おままごと
  • トミカ・プラレール
  • メルちゃんなど着せ替え

特に0歳児は飲み込まないようなおもちゃや

音の出る絵本やおもちゃで

よく遊んでいます。

そしてすべてよだれまみれになります。笑

小学生(~9歳)

  • ジグソーパズル
  • 折り紙
  • ジェンガ
  • アクアビーズ
  • リリアン
  • トランプ
  • オセロ

私の働く保育室は、小学生向きのおもちゃが少ないので

あらかじめ保護者の方にはお話しさせてもらい

保護者の許す範囲で

  • 携帯ゲーム機(switchなど)
  • 本・漫画
  • DVD
  • 宿題(あんまやらない←)

などを持ってきても大丈夫ということにしてます。

そして、小さいときから来ている子が

家並みにくつろいでいるこも多いです。(゜ω゜)

最後に

本当にざっくりですが、こんな感じです!

あくまでも、私の働いている病児保育室の話なので

すべてに当てはまることではありません。ご理解ください。

 

毎日、利用する子が違うので日常の様子がわからない分

記録がとっても大事になります!

ですが保育中に気づいたことはすべて記録できてしまうので

子どもが帰った後は片付けいて帰るだけ!!

なので持ち帰りがない。(ありがたや~)

 

保育目標、成長記録、企画書

がないので本当にありがたい…というか書けない。(‘-‘*)

保育園で働く保育士さんは本当にすごいとおもう!尊敬します。

 

 

最後まで見ていただいてありがとうございました!

また次回も、情報発信していきたいとおもいます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました